スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでにしたい50のこと。

死ぬまでにしたい50のこと。

私は「ダナエ」を一目見たいです。
もっと贅沢を言えば、「ダナエ」の前に布団を敷いて、その画を
眺めながら天国へ(行けるかしらね…)旅立ちたいです。


「ダナエ」は1800年代後半から1900年前半に活躍した画家、
クリムトの作品です。

DSC02908_convert_20101007001707.jpg


クリムトは神話を題材にしたものをよく描いたそうで。
この作品も、黄金の雨に姿を変えたゼウスに犯される少女ダナエを
描いたものです。
なんとも…大胆なお題ですが、艶かしいけど、いやらしさがない。
「子を生す」という、男性にはない身体の持ちかたをしている女性の
からだを神々しく描いたような、そんな感じに思います。

私にとって、「ダナエ」は人が描いた作品で一番のさらに一番に
「美しい」と思う画です。

実物は油絵なのですが、「油絵か…こんな感じ?」と想像すると、
全部がおジャンになりそうな気がするので、絶対しない(笑)
画集の中の、のっぺりとした画を眺めて…それだけです。
「油絵かぁぁ…」と想像しそうになったら、本をバタン。


「ダナエ」は個人蔵なので、「死ぬまでにしたい50のこと」リストに
入れても、叶わないだろうと思います。
今はただ、持ち主の方がこのブログを見て「お布団、どうぞ」と連絡
してくれないだろうかと願うばかりです。。。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

eko+ | URL | 2010.10.07 01:58
こんばんはっ。

アタシは死ぬまでに
ウインブルドンに行って生のテニスを見たいです!
あ。でもORIERIOさんの願いよりは
頑張れば出来そうですがね・・・(汗)

ところで。
クリムトは映画を見て興味を持った画家ですが
有名な「接吻」以外の作品ってあまり知りませんでした。
「ダナエ」とても神秘的な作品で引き込まれますね。
油絵にはとても見えない繊細さですね。

いつか
ORIERIOさんの願いが叶うこと祈ってます!
ORIERIO | URL | 2010.10.07 18:14
eko+さん

こんにちは~!
ウィンブルドンですか^^
かっこいい夢ですね~!
確かに…頑張れば出来そうな気もしますが
でも、やはり、なかなか…遠いですね。。。
ウィンブルドンを観戦するなら、首を鍛えねば
なりませんね^^;右左右左…ってなるから
首の筋ツルらしいと聞いたことがあります^^

クリムトは、「接吻」が有名ですよね。
お友達が、↑を観に行ったことがあって、
めちゃくちゃ良かったと感動してました。

「ダナエ」もいつか一般公開されるかもしれない
ので、あと50年くらいは気長に待とうと思います^^;

eko+さんの夢も叶うといいですね!
| | 2010.10.08 21:33
このコメントは管理人のみ閲覧できます
mii | URL | 2010.10.09 14:59
フランダースの犬みたいですね。
パトラッシュではなく、お布団持参
ってとこがナイスです^^

私は「赤毛のアン」の舞台町がある
プリンスエドワード島に行きたいです。
&住みたいです。(笑)
子ども達が成長したら出来るかな?
お金貯めておかないと…^^;

ORIERIO | URL | 2010.10.09 22:01
miiさん

私も自分で書いてて「フランダースの犬みたい」と
思いました^^でもウチにはパトラッシュがいなく
て…なのでパトラッシュ代わり?にお布団^^;

私も学生のころ「赤毛のアン」が好きで好きで、
プリンスエドワード島行きたいと思ってました!
カナダは、州によって25セントコインに描かれ
ている画が違うのがあって。
それで、私、何年か前にカナダを訪れたとき
「プリンスエドワード島」って刻印してあるコイン
すごい探したんです^^;やっと一枚見つけました。

miiさんもぜひ限定コイン?ゲットしにプリンス
エドワード島へ!
夢がかなうよう祈っております!!
Comment Form
公開設定

プロフィール

ORIERIO

Author:ORIERIO
立ち寄っていただき
ありがとうございます*

我が家は。
主人と私、
中1の息子ドーリ、
小4の娘アキイ、
そして、1歳の娘ニチコ、の
5人家族です。

暮らしのあれこれや家族の記録、
遠くに住んでいる実家やお友達への
近況報告を兼ねながら
ブログを書いてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
参加しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。