スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お台所のおすすめ品。

引き続き、また台所ネタです。
今回は、私の「お台所のおすすめ品」を。

これまでにも、雑誌やブログなどで紹介されてきたものばかりかと
思いますが…さらに私が、です。すみません。


というわけで。まずは、これです。

「ステンレスオイルポット」

DSC02199_convert_20100717195458.jpg

これ、使用済みの食用油をすごいキレイにろ過してくれるんです。
細かいこと言えば、すごいのはオイルポットでなくフィルターのほう
なのですけど。「活性炭カートリッジ」というものです。
我が家のカートリッジは、使いすぎて、真っ茶っ茶でした…。
使用可能回数をとっくにオーバーしていて、とてもお見せできる感じ
ではございません(゜Α゜;)))

…話を戻しますが。
不織布のフィルターが細かい揚げカスをしっかりキャッチしてくれるし、
活性炭が油の酸化も防いでくれるらしく、保存もばっちりです。
フィルターは20~30回ほど繰り返し使えるので、経済的&エコかと
思います。

ベルメゾン通販
「ステンレスオイルポット」
「活性炭カートリッジ小3個セット」
HPに実例付きの商品説明があります。そちらも参考に。



「魔法のフライパン」

これはこれは、使ってみたら本当に魔法のフライパンでした。
人気のお品物らしく、私が注文したとき2年半待ち。
一ヶ月500円貯金していけば2年半後に買えるだろう、と気長に待つ
…ことができず、500円玉をハイスピード貯金して、ネットショップで
買いました(でも、一年は待ったのですよ)。

DSC02193_convert_20100717195429.jpg

我が家で使っているのは、北京鍋27センチのものです。
普通の中華鍋に比べたら、軽いです。私でもワシワシ振れます。
熱伝導もよく、焦げ付かないのでお手入れも簡単です。
このフライパンだと何でもおいしく作れるので、自分が料理上手になった
ような錯覚まで起こします(←私の個人的感想ですが。)

私にとっては、本当に「一生使えるフライパン」そして「最高の野菜
炒めができるフライパン」です。

錦見鋳造
北京鍋 27センチ



「木のまな板」

DSC02198_convert_20100717195537.jpg

我が家は、鋼の包丁を使っているからなのかも知れませんが。
木のまな板は包丁にやさしいです。プラスチックのまな板より、
全然刃当たりが違うのです!
まな板の上の野菜も切られて嬉しそうに見えてきます。

木のまな板はお手入れが大変というイメージがあったのですが、
我が家では、使ったあと、さっと拭いて立てかけておくだけです。
カビ知らず。
未だに檜のよい香りがします。



「野田琺瑯のホワイトシリーズ」

創業から70年以上ずっと琺瑯、というのが、まず、好きです。

DSC02204_convert_20100717195616.jpg

この白さと、洗い上がりのきゅっきゅっした感じが、食材の保存に安心
して使える感じがします。

電子レンジには対応していないので、前の晩の残りものを入れたときは
直火もしくは別の鍋に移しかえて温めなければならないので…うーん、
そこはちょっと面倒ですけど。

我が家では、野菜を食べやすく切った状態にして保存しているのですが
容器が白いせいか、鮮度がわかりやすいのです。なんか、うまく説明
できないのですが、野菜の色が映えるときはまだ鮮度が保たれてて、
映えないときはダメになりかけ、みたいな具合でしょうか…?

あ。にんにくをいれても漬物をいれても、臭いが残らないところもいい
のです。

野田琺瑯
「ホワイトシリーズ レクタングル浅型」



「おすすめ」というより「お気に入り」だったかも、ですね。
でも実際に使ってみると、たくさんの方に愛用されてるのも納得、の
道具たちです。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

ORIERIO

Author:ORIERIO
立ち寄っていただき
ありがとうございます*

我が家は。
主人と私、
中1の息子ドーリ、
小4の娘アキイ、
そして、1歳の娘ニチコ、の
5人家族です。

暮らしのあれこれや家族の記録、
遠くに住んでいる実家やお友達への
近況報告を兼ねながら
ブログを書いてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
参加しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。