スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の旅 かげの旅

絵本の話。

嬉しいとか楽しいとか、モヤモヤしてるとか。気持ちを外に出したい
ときは色彩豊かな絵本が読みたくなります。
絵本を開いたときに、ぱあーーっと色が飛び出してくるのに便乗して、
私もぱあーーっと気持ちを出す、みたいな(笑)

逆に、外のものを自分の中にとり入れたいときや、自分の気持ちの
中で消化したいことがあるときは、モノクロの絵本。胸のあたりに
ストンと落ちてくる感覚が似てる気がするので。


最近の自分は、後者のようで。
モノクロの絵本が心地よく感じます。

この絵本は、以前、絵本バンクの交換会で見つけた絵本。
しろくろ&シンプル具合が印象的。
1ページ1ページめくるごとに、ポツンポツンと水滴が落ちてくるような。
気持ちが静かになります。



絵本のつくりもおもしろくて。
このまま最後のページまで読んだら、ひっくりかえして、また最初の
ページに戻ってくる…おなじ画を、上下逆さまでお話はべつ、という
つくり。…私の説明わかります?どう言ったらいいでしょう。。。


ええと…ですね。

こちらから読むおなはしでは「いよいよ街がみえてきた」という、
旅の途中のひとコマ。

DSC03171_convert_20101110105519.jpg

ひっくり返して反対側から読んだ、先ほどとおなじページ。
「ふり返ると、サーチライトが空をかけめぐっている」という夜の旅。

DSC03172_convert_20101110105540.jpg

夜に音がないのは想像がつくけど、この絵本は、昼の景色の中でも
音を感じない…白黒だからかもしれないけど。

まず。見事です。
大人が読んでもおもしろい絵本だと思います。



「光の旅 かげの旅」
作&絵 アン・ジョアス
訳   内海まお
評論社

絵本バンクの話。

宮城県仙台市で「絵本バンク」という活動をしている方達がいます。
絵本を人から人へ読みつなぐということを目的とした社会貢献活動を
している団体で、年に数回、絵本の交換会のイベントを行っています。

交換会では、自分のおうちで読まなくなった絵本と、絵本バンクにある
絵本を交換することができます。
絵本バンクにある絵本のほどんどは、寄付していただいたものや
ほかのおうちで読まなくなった絵本ですが、そのほかにも、絵本バンクの
スタッフのみなさんが選んだ新品の絵本もたくさん並びます。

新品の絵本は、毎回テーマがあって。
「かがく絵本&あそべる絵本」「大人にも読んでもらいたい絵本」、
あとは「日本と海外の作家さんの絵本」というのも♪
一冊一冊、スタッフさんのコメントが添えられていたり…アット
ホームな感じです。

今週末。
待ちに待った交換会があります。

絵本閲覧日 11月13日(土)
絵本交換日 11月14日(日)
時間 13:00~16:00
場所 宮城県仙台市泉区 セルバ2Fセンターコート

今回のテーマ
「絵本バンクのクリスマス絵本」
「もとをたどれば同じおはなし」

詳しくは
絵本バンクホームページ http://www.ehonbank.com/
絵本バンクの絵本棚 http://d.hatena.ne.jp/ehonbank/

子どもたちが成長し、読む絵本も変わってきます。
我が家の本棚で眠りっぱなしだった絵本(すごく思い入れのある
絵本は手元にとっておきますが…)も、絵本バンクの活動を通して、
またどこかのおうちで大切にしてもらえればな、と。

絵本バンクの活動は、絵本好きの私+息子&娘にとって、素敵な絵本に
出逢える最高の機会ですが、どこかの見知らぬ方とも絵本でつながって
いるような温かさを感じる場所です。

交換する絵本がなくても、会場にある絵本は自由に手にとって読む
こともできます。お近くにお住まいの方&興味のある方は、ぜひ足を
運んでみてください♪





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

部屋いじりの参考にしているもの。

部屋いじりの参考にしているもの。
それは「OLIVE」です。
当時高校生だった私にはセンセーショナルで。
大人になっても私の乙女心(私はずっと乙女です)をくすぐり続けた、
バイブルのような雑誌。アイラブOLIVE。


その、OLIVE。

DSC03117_convert_20101102193444.jpg

バイブルと言っておきながら…切っちゃいましたが(゜Д゜;)
でも、ファイルに入れたら全部好きなページになったし。。。

お菓子のページも、いちいち、かわいい。

DSC03123_convert_20101102193628.jpg


我が家の寝室。

DSC03114_convert_20101102193410.jpg

寝室は、ここのページを参考に。

DSC03120_convert_20101102193601.jpg

自分では「うん。うん。わかる。それっぽい。」と思っているのですが
…ど、どう?


ちなみにリビングは、このページ。
リビングは4、5つくらい前の記事に出てます。

DSC03118_convert_20101102193508.jpg


何をどう参考に?なんですが…
色の具合?配分?とかでしょうかね。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









たまに読むから笑える本。

それほど大切にしているわけではないのだけれど。
「何かの力を借りて笑いたいとき」のために、かれこれ15年以上
連れ添っている本。

DSC02813_convert_20100923153312.jpg

アメリカのブラックジョーク的なコミック誌。
文化が違うせいか「大笑い」するようなネタはなく、「小笑い」程度の
ものなのですが…鼻でフフッと笑える具合が、私には心地いい。

ときどき
「これ、笑えないでしょ…。」
と、ドン引きネタもあります。


私が気に入っているのはこれ。

DSC02810_convert_20100923153251.jpg

1491年、スペインの探検家が「地球は丸いのではなく平らである」
ことを証明するために海へ出ます。地球は平らだったけど…。
平らだったから地球の端っこから落っこちちゃって、それを証明する
どころか帰って来れなくなっちゃった…というジョーク。



私は…これ「中笑い」です。

おおきな木。

「ぼくを探しに」や「ビッグ・オーとの出会い」などの名作絵本を遺した
シェル・シルヴァスタイン。お話や絵はとてもシンプルなのですが、
さりげなく何かを訴えているような、ふと立ち止まって考えてしまうような、
そんな絵本を描く作家さんです(私の印象では)。

この「おおきな木」は、これまで本田錦一郎さんが訳されたものが並んで
いましたが、つい先日、村上春樹さん訳で新たに出版されました。

すでに一冊持っているのですが…。

村上春樹さんの作品が大好きな私。
買ってしまいました。

DSC02792_convert_20100914145647.jpg


でも、まだ読んでいません…。
村上春樹さんが訳を手掛けた作品を読むのは初めてなので、やたらに
どきどきして…まだ読めてないです。

ふうう。






「おおきな木」

大好きな男の子のために、りんごの木は自分の身を削って応えようと
します。見返りを求めず精いっぱいの愛を与え続けるりんごの木&その
愛を受けて成長していく男の子(私にはすごく惨めにみえるのですが)。
このふたりが、育ててくれた自分の親と子どものころの自分に重なって
みえたり、母親になった自分とりんごの木、人間としての自分と男の子が
重なってみえたり。

読む人の年齢や立場によって感じ方が変わるような、そんな絵本だと
思います。


「おおきな木」
シェル・シルヴァスタイン 作&絵
村上春樹 訳
あすなろ書房





いつもありがとうございます










プロフィール

ORIERIO

Author:ORIERIO
立ち寄っていただき
ありがとうございます*

我が家は。
主人と私、
中1の息子ドーリ、
小4の娘アキイ、
そして、1歳の娘ニチコ、の
5人家族です。

暮らしのあれこれや家族の記録、
遠くに住んでいる実家やお友達への
近況報告を兼ねながら
ブログを書いてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
参加しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。